こんなキャットフードは危険

猫にアレルギーを起こしやすいキャットフードというのは先ほども述べたような原材料を使用している製品なのですが、特に危険なキャットフードというのがあります。それを見分ける方法は非常に簡単なのです。それは極端に安いキャットフードを買わないことです。それは大手のメーカーの物だとしても同じです。

安いキャットフードということは原価が非常に安い物を中心にして作られているフードだということの裏返しです。安い原材料を主原料にして作られているキャットフードは、特にドライフードに多く、ほとんどがコーン粉や大豆粉や麦、米、ジャガイモなどが大部分の原材料にして、そこへ肉のエキスや肉エキスのパウダーなどを振りかけて風味をつけるだけという粗悪品が横行しています。

国産、外国産を問わず安いキャットフードのほとんどはこういった製法なのです。本当に高品質のキャットフードはどうしてもある程度の価格になってしまい安価で販売することは不可能なのです。ですからまず大型量販店で激安価格の物は選ばないようにしましょう。そしてもう一点は中国産はなるべく避けることです。常にフードのラベルを確認して原産国や原材料のチェックを怠らないようにしましょう。

キャットフードでアレルギーが発生する

大切な家族の一員である猫の健康は飼い主さんにとっても大変気になることだと思います。日頃からいろいろ気を配っているつもりでも、知らず知らずのうちに猫にアレルギーをおこす原因はいろいろな所に転がっているのです。一度、猫の体が特定の物質に対してアレルギー反応を起こしてしまうと一生その原因物質は避けなければなりません。また人間のアレルギー検査のように、血液検査によってアレルゲンを突き止めることがとても難しいと言われているのでなかなか原因物質を特定できないことも猫のアレルギーを改善することを困難二させている理由の一つなのです。

猫にとってアレルゲンになりやすい食べ物はキャットフードに含まれている防腐剤や着色料やその他の添加物などが挙げられています。例えばBPAなどの防腐剤や缶詰フードに多用されているとろみをつけるための増粘剤を安定させる働きをするカラギーナンなどは猫のアレルギーによる皮膚疾患や胃腸疾患に大きく関与しているのではないかと言われており、近年では特に海外ではこれらの添加物を使用しないキャットフードも多く製造されるようになっています。

その他、大豆、コーンなどの穀物も非常にアレルギーを起こしやすい物質の代表格です。また猫によっては鶏肉や牛肉、もしくは魚肉などにも反応を起こすことがあるようです。このことからもキャットフードに含まれている成分には猫のアレルギーを引き起こしやすい物が主原料として使われていることも多いのでキャットフード選びの際には普段から原材料の表示などをチェックする習慣を身につけるとよいでしょう。