アレルギーがでないフードの選び方

アレルギーが出にくいキャットフードの選び方ですが、やはり最も安心なのは大豆やコーンなどの穀物を一切使用していない穀物不使用のフードを選ぶようにしましょう。猫はもともと肉食獣なので胃腸は穀物をうまく消化できない場合が多く、それがアレルギーへとつながってしまいやすいのでとにかく食生活から排除することをおすすめします。さらに防腐剤やカラギーナンなどの添加物も使用していないもの、添加物は全く使用していないか最小限にとどめているものを選ぶようにします。

また例えばずっと同じフードばかりを与えているとアレルギーが出やすくなるという研究結果も出ているようなので、なるべくチキン、ビーフ、フィッシュ味などをローテーションで与えるようにすると良いでしょう。同じ材料ばかりですとどうしてもアレルゲンになりやすいのだそうです。

特にビーフは一番アレルゲンになりやすい食材らしいので、ビーフ素材のフードはあまり与えないほうが無難かもしれません。もしも今与えているキャットフードで皮膚が痒くなったり下痢を起こしたりといったアレルギー症状が出てしまった場合には、どの材料がアレルゲンになっているかを突き止めるためにもアレルギーの出にくい食材とされている羊肉やウサギ、七面鳥などを使ったフードを試してみると良いでしょう。